読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コインチェックの口座開設方法

 

インチェックの口座開設

コインチェックの口座開設(本人確認・ユーザー登録)方法について解説

インチェック取引所(coincheck)

ビットコイン等の仮想通貨を取引するためのアカウントを開設する際の口座開設(登録・本人確認)方法について詳しくご説明していきます。

 

口座開設は簡単で、基本的に「メールアドレス」、「フェイスブックFacebook・もしあれば)」で、すぐに登録ができます。この状態では5万円までの取引ができますが、それ以上の日本円の入出金になると本人確認が必要となります。

本人確認は、「免許証等」で登録される方が多いですが、他にも「パスポート」「顔写真付き住基カード」など確認方法の選択肢は幅があります。 本人確認はPCやスマホで写真を撮って、ネット上でアップするだけの簡単な作業です。

 

動画での口座開設方法はこちら↓

 

↓コインチェックの登録はこちらから↓

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

 

口座開設方法手順

メールアドレスもしくはFacebookで登録をする。

上の画像で、「メールアドレス・パスポート

もしくは、「Facebook(青いボタン)」で登録を行います。

ここでは「メールアドレス」で登録する方法を解説します。

 

メールアドレス」「パスワード」欄の記載して、

I’m not a robot」の左側にチェックを入れて、

アカウント作成」ボタンをクリックします。

その後、上の画面となり、コインチェックからメールが送らてきますので、

メール文のリンク先からコインチェックサイトへ再度進めば登録が完了します。

パスワードについては、PCの自動保存だけでなく、必ず他にメモ等をとっておくことオススメします。紛失してもパスワードは発行されますが、時間がかかるためその間はチャンスが来ても取引ができなくなってします。

 

ウォレットの設定から本人確認・電話番号登録をする。

インチェックへメールアドレス・パスワード」を入力してログインします。

その後画面の左上にある「ウォレット」をクリック。*画像参照

左側のメニューの下にある「設定」のボタンをクリックして、そこで本人確認登録の作業を行います。*ウォレットは個人の財布という意味で、コインの取引や資産の状況等がわかります。

画面右上の「本人確認」「電話番号認証」をまずは行います。 他にも「預金通帳確認」については、通帳やキャッシュカードを写真でサイト上でアップすることで、日本円で銀行へ出金することができようになります。

電話番号認証を行う。

上のメニューにある「電話番号認証」をクリックします。すると上の画像が表示されますので、「電話番号」の欄を記載して、「SMSを送信する。」をクリック。

その後ショートメールで「認証コード」が送られてくるため、その番号をサイト上に入力して、「認証する。」のボタンを押します。

これで電話番号認証は完了です。

5万円以内の取引ができるようになりました。

本人確認を行う。

続いて本人確認を行います。

こちらは本人確認の画面になります。「名前」「性別」「住所」等を記載します。  *身分証明書と同じ情報(名前、住所等)を入力する必要があります。

身分証明書をサイトにアップロードする。

身分証明書は、簡単にサイトからアップロードできます。PCやスマホに写真を入れておけば、それを選択するだけでサイト上にアップできて身分証明書提出することができます。

以下登録で使える身分証明書になります↓↓

個人の方はいずれか1点(氏名、住所の記載があるものに限る)

(1)旅券(パスポート)

(2)在留カード

(3)特別永住者証明書

(4)外国人登録証明書(在留の資格が特別永住者又は永住者のものに限ります。)

(5)運転免許証等(裏面に住所の記載がある場合は、裏面も提出して下さい)

(6)官公庁や特殊法人等が発行した身分証明書で写真付のもの(写真付き住基カード等)

提出書類とご本人が写っている写真

まず「顔写真つきの身分証明書」と、「本人が写っている写真」をアップします。

ファイルを選択する。」のボタンを押し写真を選択すれば大丈夫です。 「カメラを起動」を押した場合は、PCやスマホのカメラが起動し、そのまま身分証明書を持ったまま撮影することができます。 なのでこの場合はあらかじめ写真を用意する必要がなくすぐに写真を撮って提出できます。*PCにカメラが付いている場合のみ

身分証明書の表の写真と裏の写真

続いて、身分証明書の表と裏の写真を同じくサイト上にアップします。

ファイルを選択する」のボタンを押し写真を選択します。もしくはカメラ起動で直接その場で写真を撮ります。

裏面については、説明事項にあるように、免許証や外国人登録証明書を提出する場合は、裏面も提出する必要があり、またパスポートの場合は、住所記載の欄を提出する必要があります。

以上、身分証明書をアップできたら、「本人確認書類を提出する」をクリックします。

これで本人確認が完了になります。

登録については「メールアドレス」だけで登録ができますので、登録しておいてその後本人確認等を行うこともできますので、その際はすぐに本確認ができるメリットがあります。 また実際取引する場合には今後の取引のことも考えて「本人確認」までは終わって取引することがオススメです。

 

以上で登録は終了です^^

おつかれさまでした。

 

インチェックが扱う通貨は、国内取引所の中では一番魅力的な通貨を複数取り扱っている取引所になります。

ビットフライヤーでは取り扱うことが出来ない、今話題のリップル ネム、ライトコイン等の通貨も取り扱いをしています。

分からないことがあれば直接問い合わせて頂ければサポート致します^^